引越し 見積もり おおよそ

引越し見積もりのおおよそ

引越し おおよそ 料金

引越し おおよそ 価格

引越し おおよそ 費用

引越し だいたい 料金

引越し 相場 料金

 

実際にかかる引越し料金がいくらか知りたい!

 

引越し料金は、荷物の量と引越し距離に比例します。

 

荷物が多ければ、それだけ大きなトラックとスタッフの人数が必要になります。

 

引越し距離が遠ければ、それだけ運転交代のスタッフとガソリン代がかかります。

 

他にも、物件の階数やエレベーターの有無、ゴミ処理やエアコン着脱の依頼の有無などによっても引越し料金は変わります。

 

あなたと全く同じ条件で引越しする人を探すことは不可能です。

 

だから相場や最安値を知りたいときは、複数の業者に見積もりを取るしか方法はありません。

 

そこで簡単で便利な引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

1社1社に何度も同じ説明をする必要がありません。
1度の情報入力で、あなたがお住いの地域に対応できる業者から見積もりが届きます。

 

同じ条件なのに、引越し料金がそんなに違うのかと思うかもしれませんが、結構違います。
ぜひご活用くださいね。

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

 

引越しの手順はどんな

だいたいの手順は以下の通りです。

 

1.引越しが決まったら現住所の管理会社に連絡して退去の連絡をします。

 

2.新居物件の契約を行います。

 

3.引越し業者に見積もりを依頼しましょう。

 

4.引越し業者を決めます。引越し業者からダンボールがもらえるなら、もらいましょう。

 

5.少しずつ荷造りを。不用品はゴミカレンダーを見ながら処分していきます。新居に運んだらその分の費用がかかります。

 

6.2週間前から市役所で転居届けを提出。県外への引越しなら、国民健康保険や国民年金の手続きも聞いておきましょう。
電気会社・ガス会社・水道会社・電話局・郵便局にも連絡して、引越しの連絡をしましょう。

 

7.引越し当日は引越し業者におまかせください。家具の配置やダンボールをどこに置くのかなどの指示をしてください。
部屋を掃除して管理会社へ鍵の返却、新居の近隣へのあいさつをしておきましょう。挨拶は最初にしないと、段々と面倒になるのでお早めに。

 

8.引越し後、2週間以内に市役所へ転入届や健康保険、年金の手続きをしましょう。
銀行、免許証、パスポート、カード会社、保険など住所変更が必要なものへの連絡を。

 

引越しはこのような手順で行われます。

 

やることが多くて面倒な気もしますが、1つずつこなしていけば案外すんなり終わります。
頑張ってくださいね。